エンゲージメントを測定しても改善されない

従業員エンゲージメント調査を実施する多くの組織は、エンゲージメントを測定することが、エンゲージメントを改善するためにも唯一必要なステップであると考えています。
しかし、調査を実施して数年が経過すると、多くの組織ではエンゲージメントのスコアが改善するどころか、失速または低下していることに気づきます。
さまざまな意味で、エンゲージメントを測定することは、エンゲージメントが大幅に改善されるという期待を抱かせます。私は、多くの改善努力を妨げている2つの根本的な問題があると考えています。
(ジョー・フォークマン)

全文を読むにはこちら