女性は危機下で男性よりも優れたリーダーシップを発揮する

高度な対人スキルが従業員エンゲージメントを高める

Covid-19危機の際、女性リーダーの方が良い仕事をしたという逸話を耳にしましたが、感染者数や死亡者数など、Covid-19に関する結果は、女性が率いる国のほうが系統的に優れていることが明らかになりました。また、米国の知事を対象とした別の研究では、同様に女性知事の州は死亡率が低かったのです。

2020年の3月から6月にかけて、ゼンガー・フォークマンの「飛びぬけたリーダー」360度評価を用いて、454名の男性と366名の女性のリーダーシップ能力を評価しました。

その結果パンデミック前の分析と同様に、女性は男性よりも有意に高い評価を受けていました。

(ジャック・ゼンガー/ジョー・フォークマン)

全文を読むにはこちら