在宅勤務でのエンゲージメントを上げる

在宅勤務では、遠隔でのコミュニケーションや労働実態の管理、新入社員や異動した社員の定着支援を含めたマネジメントが困難で、組織の一体感やエンゲージメントの低下が課題として挙げられています。

「在宅勤務者が上司に自分の努力を的確に伝えて、しかも上司の不安を払拭することは可能か?」

その答えを求めてゼンガー・フォークマン社(弊社提携先)は、調査を実施しました。こうして見つかったのが、トップ・パフォーマーに共通する5つの行動です。

全文を読むにはこちら