マインドフル・リスニング 聞き上手になるために何をなすべきか

一般的に、良い聞き手とは「口を挟まず傾聴する」、「相手をよく見聞きして相づちを打つ」、「相手の言葉を繰り返す」と言われていますが、私たちの研究ではそれだけでは聞く技術として全く不十分なことがわかりました。

聞き上手には、「黙って聞くのではなく、相手に発見と気づきを促す質問をする」など4つの特性がありました。
これらの4つの特性を習得するためにゼンガー・フォークマンは、「『聞く能力』を向上させる6つの要素」を「マインドフル・リスニング/聞き上手になるために何をなすべきか?」にまとめました。
(ジャック・ゼンガー/ジョー・フォークマン)

全文を読むにはこちら