フィードバックを糧にして成長する人、しない人 

自分の成長にとって極めて重要な注意やフィードバックを受けたときの受け止め方には、自分には問題はないことを証明しようとして反発する“証明のマインド”と、さらに成長するために改善の必要性を認める“成長するマインド”との2種類があります。

私たちは、この2つの受け止め方と、年齢や性別や自信との関わりについて調べました。上司として、部下に“成長するマインド”にシフトしてもらうにはどうすればいいのでしょうか。

全文を読むにはこちら

(ジャック・ゼンガー/ジョー・フォークマン)