提携パートナー

スマートワークス海外提携先

スマートワークスは人材開発サービスの分野で世界的に認められている、優れた企業や個人と提携しています。

ゼンガー・フォークマン

ゼンガー・フォークマンはリーダーシップ界有数のオピニオン・リーダーであるジャック・ゼンガーと、著名な計数心理学者のジョー・フォークマンによって創業されました。リーダーシップ開発の造詣の深さでは、屈指の企業です。

ジャック・ゼンガーはかつて全米最大の研修会社を率い、そののちスタンフォードで教鞭をとったこともある多彩な経歴のコンサルタントです。授与されてきた多くの賞の中には、ピーター・ドラッカーを始め、世界でも10名程度しか受賞していないASTD Life Time Achievement Award賞も含まれています。一方ジョー・フォークマンは、世界最初の360度調査を開発した教授陣のもとで大学院時代を過ごして以来、幾多のアセスメント・ツールを設計してきました。

二人が20万件のデータ分析から発見した、従来のリーダーシップ開発のあり方を問い直す事実と、そこから生まれた次世代のリーダー育成法は、従業員や顧客満足度から利益率まで、ビジネスの成果に直結する結果を出しています。その理論はハーバード・ビジネス・レビューにも掲載され、最も問い合わせの多い論文の一つとなっています。

バルバーゴ

バルバーゴはMITで物理学を、スタンフォードで哲学を修めたデニス・マシューと組織行動論を専門とするモニカ・ウォーランが中心となって創業した会社です。バルバーゴは「思考」の質を高めることを通してパフォーマンス向上に取り組んでいます。

高度な情報化社会となった今日、職場ではさまざまな情報が行き交っています。日増しに業務のスピードと複雑さが増す中で、単純な繰り返し作業は姿を消し、誰もが一層「よく考える」ことが求められるようになりました。一方で、人と人の情報伝達のしかたは基本的に昔のままです。では情報に振り回されたり、うのみにしたりせず、重要情報や問題の核心を見つけ出すにはどうすればいいのか。さらにその核心について、よく考えるにはどうすればいいのでしょうか。

コース開発のきっかけは1990年代にスタンフォードの学生向けに試行された、いくつかの研修プログラムでした。PQ+Aをオンラインのプログラムとして近隣の社会人に公開したところ、評判が評判を呼んで、世界中に広がっていったのです。スタンフォードにおける20年の研究と、シリコンバレーの多国籍企業との協働から、「よく考える」ための方法論が生まれました。

ダイアローグワークス

提携サービス

ダイアローグワークス

ダイアローグワークスは、コミュニケーション力の向上を通じて強い組織を作り、ビジネスの結果を最大化するべく、ダイアローグ・スキル(率直な本音の意見交換)向上に努めています。
創業者であり開発者のジョン・ストーカーは、刑事事件を専門とする弁護士として活躍するかたわら大学で教鞭を取っていましたが、20年ほど前に組織行動論を修めて、人材開発や組織コンサルティングの分野に転身。チェンジマネジメントのコンサルタントとして、あるフォーチュン100の顧客企業におけるチェンジマネジメントの取り組みでは、総額2億5千ドルのコスト削減に成功しました。
社名と同名のプログラムは、最新の脳科学や心理学理論に基づいて構成されたコミュニケーション・プログラムであり、北米、ヨーロッパ、アジアのパートナーを通じて、世界の主要言語、主要都市で展開されています。

ルミナ・ラーニング

ルミナ・ラーニングの創業者は、世界的に名高いブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の組織開発コンサルティング部門を率いていました。この部門の専門は統計分析を用いて、科学的に組織課題を解決することです。スチュワートは、心理測定データに基づく空港内のカスタマーサービス改善など、50あまりの変革プロジェクトの総括責任者でした。

ルミナ・ラーニングの企業としての命題は、心理測定のデータをもとに、組織の価値ある資産である働く人々の可能性を最大限に引き出すことです。ルミナ・ラーニングの心理測定は1980年代から90年代に広がったBig5理論に基づいています。この理論は近年、従来のユング心理学を進化させるものとして、世界の大半の心理学者の支持と賛同を得ています。

Big5理論に基づく心理測定の中でも、特に珍しいルミナ・ラーニングの特徴は、両極端な素質を別々に測定することです。多くの診断では「外向性」を直接測定して、外向性がないならば内向的な人だ判断します。ルミナは外向性と内向性の要素を別々に測定することにより、信頼性の高い心理測定を行っています。

ロイスN.クルーガー

ロイスN.クルーガー氏は、世界最大級の人事系コンサルティング会社で売上1,000億円を誇るフランクリン・コヴィー社共同創業者の一人で、海外事業担当副社長として76ヶ国にまたがるグローバル展開を手掛けてきました。現在、30ヶ国以上の国でグローバル企業のコンサルティングと教育を行っており、その豊富な経験と、深い洞察力から多くの企業、個人、国家から多大な信頼を得ています。
サクシーディング・イン・グローバル・ビジネスは、スマートワークスとロイスN.クルーガー氏による共同開発のトレーニングコースです。

国内パートナー

弊社では、アメリカのゼンガー・フォークマンが開発した研修プログラムおよびアセスメントのパートナー様を募集しております。

ゼンガー・フォークマンは、ジャック・ゼンガーとジョー・フォークマンが2002年に創業しました。

以来、アメリカの人事の専門家の最大ネットワークであるHR.comとLeadership Excellenceから、「グローバル・リーダーシップ・エクセレンス」賞と「トップ・パートナーおよびプロバイダー」賞、さらに「トップ・リーダーオブザイヤー」賞の3部門で1位を受賞しております。これらの賞は、世界のトップ500のリーダーシップ・トレーニング組織を審査して表彰されたものです。

2人のプロフィール

ジャック・ゼンガー:ATD「ライフタイム・アチーブメント・アワード」を受賞(ピーター・ドラッカー、ノール・ティシー、デヴィッド・ウルリッチなどが歴代受賞者)。スタンフォード大学ビジネススクールで教鞭、ゼンガー・ミラーを全米5位のトレーニング会社に育てた後ゼンガー・フォークマンを創業

ジョー・フォークマン:世界初の360°サーベイを開発したチームの一人。統計心理学分野のコンサルタント。 AT&T、Well Fargo、ボーイング、米海軍など数百に上るグローバル企業の360°サーベイやコンピテンシー・モデルを開発。Novation Groupを創業後、ゼンガー・フォークマンを共同設立

3つの世界初

  1. 世界2万人のビジネスリーダーのコンピテンシー解析から強みを伸ばすと業績が上がることを実証
  2. 極めて高い業績を上げ続けるために重要な16個のコンピテンシーを発見
  3. 周囲から評価され、かつ組織の期待に応えられる自分の強みを発見する方法と、強みを際立った強さに伸ばす育成方法を開発

(参考情報はこちら

高い注目度

  • ゼンガー・フォークマン/ ZENGER FOLKMANとネット検索してみてください。日英ともに100前後の記事を確認できます。
  • ジャック・ゼンガーとジョー・フォークマンが毎月ハーバート・ビジネス・レビューやフォーブスに執筆しており、それらの記事を営業で使用できます。
  • 今、『共感力』〈ダイヤモンド社刊〉が注目されています。

お客様からの高い評価(国内版)

三井物産グループ    事例はこちら

<主要クライアント>証券系総合研究所、外資系製薬会社、日本の9つの電力会社、水と環境のトータルソリューション企業、日本の工作機械メーカー、がんの創薬企業、世界大手の生命保険会社、日本の大手広告代理店のプランニング関連会社、外資系製薬メーカー、大手倉庫会社、大手予備校のホールディング会社、米国飲料の日本ボトリング会社、国内自動車メーカー関連会社、証券取引関連会社、大手ファスナーメーカー、世界17か国に展開する不動産投資会社、IT関連機器メーカー等

3つのリーダーシップ、2つのコミュニケーションのアセスメントとトレーニングコース(取扱商品)

  • 飛び抜けたリーダー:リーダーシップ、360°アセスメント、1日のトレーニングコース
  • リーダーシップレバー:リーダーシップ、セルフアセスメント、1日のトレーニングコース
  • リーダーシップスピード:リーダーシップ、セルフアセスメント、2.5時間のトレーニングコース
  • 飛び抜けたコーチ:コミュニケーション、セルフアセスメント、1日のトレーニングコース(間もなくリリース)
  • やる気にさせるフィードバック:コミュニケーション、セルフアセスメント、2.5時間のトレーニングコース

詳しい募集要項

下記「お問い合わせフォーム」に御社情報をご入力の上、「お問い合わせ内容」記入欄に『BP資料』とお書き頂き送信ください。追って、募集要項をお送りいたします。

お問合せフォーム
こちらよりお気軽にご連絡ください