LGBTやダイバーシティを大切にするマネジメント

LGBTやダイバーシティが理解されるようになり、あらゆる人の違いを優劣ではなく個性や個別差と受け止めて、相互を尊重する関係性を築く精神が、広く社会に広がりつつあるのは、素晴らしいことです。
そのときそれに合わせて、職場のマネジャーや上司のコミュニケーションやマネジメントスキルが、アップデートされなくてはなりません。というのも、長い間、職場での望ましいコミュニケーションでは、上位者が自分の意向を正しく伝え、価値観をおおよそ共有する下位者が上位者の意向を理解し、受け入れ、実行できることが重視され、前提となってきたからです。
もちろん上司が部下の意見を尊重して耳を傾ける場面は多々あったわけですが、多様性が尊重される世界とは、従来よりもはるかに多様な価値観や意見が隠されずに飛び交い、強く主張され、時にはぶつかりあうことを意味します。ワークライフバランスや職場の人間関係や、キャリアプランなどあらゆる分野で、多様な主張に対して、みずからもブレずに主張し、皆の意見をまとめ、戦略や考え方を訴えて納得させるコミュニケーションスキルやリーダーシップへのアップグレードが避けて通れません。
リーダーシップやマネジメント、戦略的思考、コミュニケーション分野にもリスキリングの波が押し寄せてきます。