目の前で起こる変化と成長・・・コーチングのこんな場面に感動します

今日は数か月前に研修参加した受講者とのコーチングの日でした。

弊社の人材育成研修の受講者は主に管理職や管理職目前です。経験と実績、周囲が認める強みがあって、将来より大きな役割や責任を果たせるよう磨きをかけたい、あるいは好ましくない癖を克服したい、それで研修に参加する(会社が研修実施する)という場合が多いです。研修参加しても本人が実践しないと効果が上がらないので、今日の方の会社では、始めから行動を後押しするためのコーチングがセットになっていました。

今日の方は専門性が高い職場のプロ人材として活躍する管理職です。グローバル展開する自社の変化は速く、特に近年は事業統廃合に伴ってチームの業務や編成が絶えず変化するそうです。すると自分の完璧な仕事ぶりが、会社の変化とスピードを阻むようになり、上司による評価が下がり始めました。そんな中での研修参加でした。

この人に今必要な能力や成長は、ビジネスを取り巻く状況に合わせた働き方ができるように変化することでした。具体的には・・・

  • 自分らしさ(完璧さ)をほどほどにする。
  • 小さなリスクを受け入れる。
  • 業務スピードを上げる。
  • 皆の変化を邪魔しない。
  • さらに言えば、皆と一緒に変化を推進する。

同じ立場に置かれたら、こんな変化を受け入れられない人もいるのではないでしょうか。

この方が自分を客観視するようになったこと、自分らしさと会社が今必要とするものが対立して生まれる葛藤を認め、乗り越えようと決意したこと、「自分が何をすれば皆の役に立つのだろう?」と、上司や経営陣の目線で考えるように変化していったプロセスは、感動に満ちたものでした。

研修前の自分が見ていた景色と今自分が見ている景色は全く違うとおっしゃったこの方のますますの成長とご活躍を祈念したいと思います。