人材開発プログラムの企画・運営|世界が信頼するコンテンツと40カ国のグローバル・ネットワーク

やる気にさせる「フィードバック」

人を育てる第一歩は、効果的なフィードバックから

特徴

ビジネスにおけるフィードバックとは、「フィードバックされる人にとって重要で、知っておくべきだと考えられる情報を伝えること」です。効果的にフィードバックする能力は、リーダーやマネジャーにとって人事考課面談やコーチング、パフォーマンスマネジメントが奏功するための基本です。

フィードバックで忘れてはならないことは、どんな状態や結果を実現するためにフィードバックするのかという視点です。

たとえば優秀な部下にフィードバックをして、相手の優秀さを認め、褒めたとします。このフィードバックでは、さらに頑張る人がいる一方で、チームの成果をないがしろにして自分の成果だけを追いかける人や、形式的なお世辞だととらえてしらける人も出てきます。これでは部下の行動を好ましい方向に導くことができず、育てるうえで有効とは言えません。

さらに部下に改善を求めるフィードバックでは、リーダーやマネジャー自身の自信の度合いやフィードバックに対する好き嫌いが、部下に与えるフィードバックに影響を及ぼします。

本コースでは、事前にリーダーやマネジャーのフィードバックに関する好みや傾向をセルフ・アセスメントで測定し、グローバルな基準値に照らして自己の傾向を踏まえたうえで、ベストプラクティス研究からわかった、人が育つフィードバックの与え方を体験し、ロールプレイを通じて実践的に学びます。

概要

対象者:コーチング・1on1・メンター・OJTなど、部下や後輩を育成しアドバイスをする必要がある方

初めにフィードバックの良し悪しが、部下のエンゲージメントやチームのパフォーマンスに大きな影響を及ぼすことを示す研究について知り、フィードバック能力をさらに高める大切さを理解します。さらにフィードバックが難しい理由を脳のしくみから理解し、基本的ニーズが脅かされたと感じている人は、取るに足らないフィードバックに対しても強く反応することを学びます。

続けて、事前に実施したセルフ・アセスメントの結果を分析して、自分が苦手で避ける傾向のあるフィードバックや対処法を考えます。そしてベスト・プラクティス研究で特定された様々な状況におけるフィードバックのポイントと手順を学び、事前課題で用意した複数の自分のシナリオを用いたロールプレイを行います。

やる気にさせる「フィードバック」コースは、部下がいる・いないにかかわらず、全ての方に受講頂けます。

コースの構成(事前に360度のオンライン調査があります。)

やる気にさせる「フィードバック」は、コース前のセルフアセスメントと、5時間コースで構成されています。アセスメント結果は、グローバルに活躍するビジネスパーソンの値とともに報告されます。調査結果を読み取ったうえで、フィードバックのベスト・プラクティスを学び、実践的な練習を体験して、行動計画を作成します。

プログラム

日時  内容

5時間

10:00~16:00

コース前オンラインのセルフ・アセスメントを受け、終了する。
* やる気にさせる「フィードバック」に初めてお申込みされ、セルフ・アセスメントをご利用になる場合は、事前のガイダンスも含めてコース前に1週間が必要です。


1) 世界のビジネスパーソンについての研究/フィードバックの良し悪しとビジネスのパフォーマンス
 /8つの感情と心理的ニーズ
2) フィードバックに対する好みと傾向、自信の度合い
3) フィードバックで望ましい行動を反復する
4) フィードバックで望ましくない行動を改善する/低い段にとどまる/フレームワークを使う

公開コース詳細

受講費用 43,000円(税前) 会場・定員 株式会社スマートワークス 
セミナールーム *24名
受講対象 コーチング・1on1・メンター・OJTなど、部下や
後輩を育成しアドバイスをする必要がある方
日程

2019年:
 6/19(水)
 9/5(木)
 12/10(火)
2020年:
 3/5(木)

(日程は予告なく変更になる場合がございます)

お申込み・お問合せ

公開コースのお申込みは、公開コースお申込みフォームをご利用下さい。
インハウス(講師派遣型コース)のご相談・お申込み、その他のお問合せは、お問合せフォームをご利用下さい。

お電話(03)6261-2682またはFAX(03)6261-2683でも受け付けております。