人材開発プログラムの企画・運営|世界が信頼するコンテンツと40カ国のグローバル・ネットワーク

<無料セミナー>イノベーションを起こす人材を育てる/1on 1の心理的安全性/自分の頭で考え、協働する

3つのテーマで無料セミナーを開催します。

(会場:スマートワークスセミナールーム) 地図

 

Ⅰ.イノベーションを起こす人材は、どう育成するか?

 過去に縛られずイノベーションを起こす確かな人材は、元来どのような性質なのだろうか?型から飛び出て、新しいことにチャレンジさせるものは何だろうか? 

 弊社提携先のゼンガーフォークマンによる75,000人のビジネス・パーソンの調査から、イノベーションを起こす人には5つの行動特徴があることが判りました。・・・詳しくはこちら

 【日時】

2018年       
 06月19日(火)  14:00 - 16:30 
 06月21日(木)

 09:30 - 12:00 

お申込みはこちら

 

Ⅱ.1 on 1で「心理的安全性」を生み出すにはどうすればよいか?

 安倍内閣が「働き方改革」に続いて「生産性革命」を打ち出しましたが、アメリカのグーグルが2012年から約4年の年月をかけて実施した大規模労働改革プロジェクト、プロジェクトアリストテレスの成果報告として『心理的安全性は成功するチームの構築に最も重要なものである』と発表しました。・・・詳しくはこちら

 ハーバードビジネススクール教授のエイミー・C・エドモンドソン教授は、記念病院と大学病院の8つの医療チームを評価し、チーム内のコミュニケーションが良ければ医療過誤の回数が少ないことを突き止めました。医療分野においても心理的安全性の確保が生産性の向上に効果的だったのです。・・・詳しくはこちら

 カーネギーメロン大学とマサチューセッツ工科大学、ユニオン・カレッジの共同研究記録やプロジェクトアリストテレスの研究記録によると、どのような課題に対しても十分な成果を残すことができるチームはいずれも『均等な発言機会』と『社会的感受性の平均値の高さ』を持ち合わせているといいます。

 1on1は、「心理的安全性」を築く、格好の『場』なのです。

【日時】

2018年       
 06月19日(火)  09:30 - 12:00 
 06月27日(水)  14:00 - 16:30

お申込みはこちら

 

Ⅲ.自分の頭で考えるにはどう始めればよいか?
 違う考えの人と協働するにはどうすればよいか?

 AIの飛躍的な発展により、「単に多くのことを記憶している」ことの価値が下がり続けています。

 単に定型的な仕事だけでなく、これまでは知的な仕事と考えられていた仕事、特に「知識や経験の量で勝負する」仕事が、次々と機械に置き換わっていきそうです。

 そんな時代に人間がすべきこと、必要とされることが「自分の頭で考えること」ですが、このスキルを磨くにはどうすればよいでしょうか?

 研修で使用する「考える切り口」の応用例・・・詳しくはこちら

 立場や価値観・考えが違う人と「ダイバーシティとインクルージョン」を推進し、個人レベルでも、組織レベルでも変化に適応してパフォーマンスを出さなければなりません。

 上記を促進する対話型コミュニケーションのフレームワーク・・・詳しくはこちら

 【日時】

2018年       
 06月21日(木)  14:00 - 16:30
 06月27日(水)  09:30 - 12:00 

お申込みはこちら