『システム×デザイン思考』無料紹介セミナー/講師:大塚有希子氏(慶応義塾・SDM)

チームでの競争やオブザベーション、プロトタイピングを重視する「デザイン思考」と物事をシステムとしてとらえる「システム思考」を融合させる新しい学問を紹介します

「見たことも聞いたこともない」・「実現可能なこと」・「物議をかもすこと」をどのようにして発想するか?

上の3つの言葉は、「USBメモリー」の発案者・濱口秀司氏(元パナソニック、現Ziba)が最初に掲げたもので、イノベーションを起こすための重要要件とも言えます。

そしてイノベーションを起こすには、画期的な新しい技術を開発するという技術革新だけでなく、人々がまだ気づいていないが潜在的に求めているような、意識化されていない価値の種を見つけ出すことが重要です。

大塚有希子氏(プロフィールはこちら)は、このニーズに応える「システム×デザイン思考」の1日研修を開発し実施されていますが、内容は以下の通りです。

特徴

  • プロジェクトマネジメントの実務者への調査より要求マネジメントの成功のポイントを汎用的な知識体系を参考にモデルとして明らかにしています。
  • 要求マネジメントの成功モデルを基盤に、 システム思考とデザイン思考 の概念に基づいたワークショップ中心の研修プログラムです。

概要

高度情報化社会の進展にともない、IOT等の活用によるデータの重要性は一層増し、その活用によるビジネス環境も大きく変化しています。
ソリューション提案を可能にするためには、ビジネスをデザインする「デザイン思考」とともに、導き出されたデザインをシステム化する「システム思考」のスキルが必要となります。
本研修では「ソリューション提案」に結びつく要求分析やアイデアの創出について学びます。
ソリューション提案できる要求マネジメントの必要性と、ソリューションデザインに必要な システム思考 ・デザイン思考の基礎的な考え方について、理論的に学ぶコースです。

この度大塚有希子氏にご登壇頂き、下記の日程で「システム×デザイン思考」研修の無料紹介セミナーを開催いたします。大塚氏は慶應義塾大学大学院SDM研究科講師(非常勤)として活躍されております。是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

日程

日時2月3日(月)15:00~17:00
料金無料
会場弊社セミナールーム

無料紹介セミナーお申込みフォーム
こちらよりお申込みください