【ウェビナー開催】マネージャー・上司向け「リモートワークで心理的安全性を築くスキルとは?」

マネージャーやリーダーになりたての時や初めて単独の出張に出かけた時は、不安を抱えながら何かと苦労します。平常時でさえ初めての環境に放り込まれると、大概の人はストレスを覚えます。

COVID19のパンデミックは、文明の発達による移動手段の進化が災いして、世界で同時発生しました。その対策は「出社禁止により在宅勤務」という、働き方の180°転回でした。働き方はもちろん、生活のスタイルや社内外でのコミュニケーションの取り方にまでパラダイム転換を強いられて、皆がカオスに陥り、今まで経験したことのないストレスにさらされています。

企業は環境変化に適応すべく、急速にダウンサイジング、アップサイジング、トランスフォーム、リオーガナイズを行い、マネージャーやリーダー、中堅・若手社員に働き方の変更を求めています。通常であれば昇進昇格や異動転勤の時には、移行を支援するトレーニングを行います。ところがCOVID19のパンデミックでは、変化が急激すぎて、リモートワークに適応するトレーニングをしないまま今日に至っている企業がほとんどです。

日経BP総研が今年2月に調査発表した「新型コロナに関連して感じる仕事上のストレス」によると、「新型コロナの影響によって仕事の内容や手順が変わった」(35.8%)、「新型コロナ感染拡大以降、自分の仕事の成果が上がらないと感じる」(17.7%)、「オンライン会議で十分に意思疎通ができない」(28.9%)、テレワークのため、上司や部下、同僚との意思疎通や相談がしにくい」(26.6%)など仕事の進め方やコミュニケーションに関する不安が挙げられています。(詳しくはこちら

そして今、「エンゲージメント」に注目が集まっています。その大きな理由の一つは、エンゲージメントの向上と収益の伸びに正の相関があることが、様々な研究で実証されていることです。そして「分散した個」である在宅勤務者のエンゲージメントに影響を与える最も大きな要因は、「当人が、上司との間で安心できるポジティブな関係を持てていると感じているかどうか?」です。まさに、互いに離れている上司と部下が、「心理的安全性」を築けているかが、鍵なのです。

弊社の提携先であるゼンガー・フォークマン社は、パンデミック前のオフィス勤務のマネージャー509,097人と、パンデミック後の在宅勤務のマネージャー16,566人の360度フィードバックデータを解析して、在宅勤務をしている部下の「エンゲージメントを高める5つの行動」を発見しました。それが以下の5つの行動です。

1.  部下をリスクから守る
2.  部下の多様な視点と才能を活かす
3. インクルーシブな(すべてを包み込む)環境を構築する
4. 部下を育てることに真の関心を持つ
5. 部下のニーズや状況に応じて迅速に対応する

ウェビナー開催「リモートワークで心理的安全性を築くスキルとは?」

マネージャー・上司向けに「エンゲージメントを高める5つの行動」を具体的業務に落とし込むノウハウを大公開します。
2021年11月2日(火)14:00-14:45
お申込みはこちら 

※さらに詳しくお知りになりたい場合は以下の公開コースをご覧ください。
在宅勤務で働く部下を持つ上司のために開発されたのが、上記の行動の実践を学ぶ「エンゲージメントを高める5つの必殺スキル」コース(オンラインLIVE)です。(詳しくはこちら