簡単に在宅勤務に移行する9つの方法

簡単に在宅勤務に移行する9つの方法

  1. 快適な椅子、大きなモニター、良いウェブカメラ、素晴らしいヘッドフォンを用意してください。
  2. 機器の電源を入れる。誰もがテレワークやオンラインミーティングの要領を覚え、技術に慣れ、当たり前にできるようになるまでは、不自然さや奇妙さをみんなで気にかけないようにする。
  3. メンバーのためにチームカラーを決める。ホームオフィスは完璧にきれいに整頓されている必要はありません。部屋にある家族の食器や衣類、家族の姿やペットなどがPC画面に映っても構わないとか普段着で良いとかを決め、リーダーが率先してそのことを示します。
  4. 笑顔で、にこやかに、それでいで無理をしないで自然な態度で。慣れるまでは、誰もが緊張して気まずい思いをします。電話では、みんながオフィスでコーヒーを飲みながら挨拶をしているかのように、リラックスできるようにしましょう。
  5. アジェンダを用意し、ミーティングの目標を述べる。終了後は、会議でのメモやアクション、決定事項をフォローアップします。少し堅苦しく聞こえるかもしれませんが、バーチャル会議ではより重要です。
  6. 人間関係はリモートチームの基盤です。このことを忘れてはいけません。オフィスがないということは、カフェテリアでコーヒーを飲みながら、あるいはトイレでちょっとした話をするために他の人とぶつかることがないということであり、会議の合間にちょっとした話題をカバーするために誰かのところに立ち寄ることがないということです。何事にも積極的な努力が必要です。頻繁に電話をかけて挨拶をしたり、相手の様子を見たりしましょう。物理的に同じ場所で仕事をしていなくても、相手のことを気にかけていることを伝えましょう。
  7. 追加の電話をかける。電話やビデオ通話ではボディランゲージを読み取るのは難しいものです。電話中にあなたが言ったことが相手にどう受け取られたかわからない場合は、その後のフォローアップで確認しましょう。それは重要なことです。
  8. メンバーがコーヒーの香りを嗅ぐ時間を取る。対面でのミーティングと同様に、メンバーがコーヒータイムや休憩時間、メールをチェックする時間などを確保できるようにオンラインミーティングの開催スケジュールを決めるようにしましょう。
  9. ドアを閉めて電気を消す。一日中リモートで仕事をしていると、簡単にノンストップで仕事をすることになってしまうことがあります。きっぱり終業しましょう。

出典:Forbes 2020年3月24日より抜粋 一部加筆