リーダーのコミュニケーションを効果的にする5つの要素

これらの5つの観点で自分の現状がどうであるかを把握することが、リモートワーク管理の第一歩となります。

リーダーのコミュニケーションを効果的にする5つの要素

  1. 信頼と能力
     「誠実さ・正直さ・専門知識がある人だ」と周囲が受けとめていることが基本で、それらを、テクノロジーを活用してテレワークしているメンバーに伝えます。

    
  2. ポジティブな環境
     チームメンバーがリモートでの新しいルーチンを管理するために、どんなリソースを必要としているかを理解します。

    
  3. 明確な戦略
     必要に応じて戦略を再設計し、戦略を迅速に伝達して説得力を高めます。新しい意思決定にはテクノロジーを活用してメンバーを関与させることが大切です。

    
  4. 整合性
     これの欠如はリーダーの誠実さが疑われ信頼を無くします。リーダーの環境も激変する中、自身が困難に取り組み努力を続けていることをチームで共有すると、メンバーのモチベーションが向上します。

    
  5. 変更への適応
     現環境下では組織内でたびたび変更が発生しますが、その都度、私たちは疑心暗鬼にとらわれます。まずリーダー自身が変更を受け入れることができており、そのニーズに適応している姿をメンバーに見せることができていると、メンバーも安心して変更を受け入れられるようになります。