ルミナ・スパーク

【LSP:ルミナ・スパーク】自己認識を通して、人間関係を向上させる

対象:チームワーク推進やコミュニケーション改善に向けて、深い自己認識を得たい方
日程:オンライン測定+1日

ルミナ・スパークは姉妹版のルミナ・タレントと同様の心理測定アセスメントです。ルミナ・タレントが採用担当者や人材育成担当者向けのツールであるのに対して、ルミナ・スパークは、自己理解と人間関係向上のためのツールです。

ルミナ・スパークでは診断テストから得られる性格の特徴を、本来の自然な状態、日常生活における平常時の状態、ストレスがかかった状態の3つに分けて、多面的に分析します。レポートは、個人の長所や短所だけでなく、潜在的な盲点も指摘します。これまでの性格診断には違和感があり、診断結果が本来の自分とは違うと感じていた人も、その洞察の深さ、情報の豊富さと有用さから、自分や他者、相互の人間関係について多くの気づきを得ることができます。

ルミナの性格診断が深い洞察をもたらすのには、理由があります。診断が最新の理論に基づいていること、さらに、すべての人を、あらかじめ決められたいくつかの性格タイプに当てはめるやり方ではなく、様々な性格の要素を個々に測定していることです。ルミナ・スパークの性格分類は直感的に理解しやすいカラーチャートとともに、提供されます。

ルミナ・スパークはレポートの読み方と相互理解とチームビルディングについて学ぶオプションの1日コースとの組み合わせでも提供しています。

最新理論に基づく多面的で精度の高い分析
グローバルな基準値による診断
直感的でわかりやすいカラーチャート
世界各国の主要言語で展開

課題と活用場面

  • これまでの性格診断テストでは、衝突や不満があると「あの人は○○タイプだから、こんなことをするんだ。本当に迷惑だ」などと、安易にレッテルをはる風潮を助長して、チームワークの促進にはならなかった。何をどうすれば○○タイプの人とうまくいくのか、型にはまったヒントやアドバイスだけではない、プラスαが欲しい。
  • 全世界に展開している社員の国籍や職歴などが飛躍的に多様化している。性格診断にはグローバルな基準値を利用したい。
  • これまでの性格診断は、「このレポート結果は、思い浮かべた相手との特別な状況の話であって、普段の自分の姿ではない」などと、違和感を覚える社員が多かった。人間の態度は状況に応じて、大きく違うもの、というあたりまえのことを踏まえていないから、真剣に取り組む気持ちになれないのだという。

受講者からのコメント

  • 自分自身のコミュニケーションスタイル、チーム内での役割特徴、ストレス下の自分などの分析がまとめられていて気づきが多かった
  • 自分をデータにより深く理解することが出来、自分が他の人とは違う個性の持ち主であることが良く解った。そしてそのことが、他人を自分とは違う存在とした当たり前に受け入れることが出来るようになった
  • 自分に、素の自分と日常の自分、ストレスがかかった時の自分がいることがはっきりわかった

コース概要とスケジュール

プロフィールと呼ばれるルミナ・スパークのレポートは、自分について豊富なデータを提供します。プログラムではまず、レポートの正しい読み方を学びます。それに続くセッションでは、効果的なチームワークを取るための考え方を学びます。ここでは自分について深く洞察することと、自分と異なる性格の人の行動原理や考え方を理解することが中心です。そうした理解を踏まえて、自分と似ている相手、異なる相手への対応法を演習を交えて考えます。

9:00-17:30<午前>
  • 性格傾向
    自分の立ち位置はどこだろう
  • 自分が多用しているエネルギー
  • 3つのペルソナ-本来の状態・日常的な状態・ストレスがある状態
<午後>
  • 自分と異なる性格傾向の人の行動
  • ストレスがあるとき
  • 対応が難しいチームメンバー
  • 多用するエネルギー
  • 自分と正反対の人を説得するには

*状況によって変更になる場合があります。事前課題 オンラインのテストを受け、終了する

お問合せ・お申込み

ルミナ・スパークは、インハウス(講師派遣型コース)でのご提供となります。
お申込み・お問合せは、お問合せフォームをご利用ください。

お問合せフォーム
こちらよりお気軽にご連絡ください