月: 2019年11月

導入事例 内資系大手製薬メーカー様

お客様は国内大手創薬メーカーであり、世界的大手とアライアンスを組んでいます。グローバル戦略の一端としてダイバーシティとインクルージョン(以下D&I)の目標が設定されました。多様な部下のやる気を引き出してポテンシャルを活かすには、管理職のコミュニケーション力強化が必要でした。

導入事例 世界大手の投資顧問会社様

このお客様は世界各地で、顧客資産の投資や投資相談を行っています。顧客との信頼関係が極めて重要であることに加えて、高い専門性が求められる業務です。企業の文化は穏やかで、社内では良好な関係性が保たれています。他方、専門性の高いプロフェッショナル人材が多いことの反面として、個人商品の集合体になってしまい、組織としてシナジーを生み出したり、後輩を育成したりする気風は強くありません。

導入事例 三井物産株式会社グループ様

三井物産株式会社様の関連会社では、従来、本店からの出向者が管理職を担ってきました。

しかし近年、関連会社の売上構成比が以前より増加したこと、さらに、変化の激しい市場環境下において組織を強くしていくためには、それぞれの会社のプロバー社員からリーダーを輩出していく必要があるという声が強まっていました。この組織的背景の中で、次世代を担う関連会社の中堅層を対象にしたリーダーシップ育成の必要性が高まっていました。

フィードバック

ビジネスにおけるフィードバックとは、「フィードバックされる人にとって重要で、知っておくべきだと考えられる情報を伝えること」です。効果的にフィードバックする能力は、リーダーやマネジャーにとって人事考課面談やコーチング、パフォーマンスマネジメントが奏功するための基本です。

スマート・スタート

主体的に行動することと、ビジネスでの人間関係づくりに取り組むことを習得するコース。ビジネスマナーの基本スキルを身につけ、主体性な行動の具体的なイメージを描き、人間関係づくりの不安を払拭して、前向きに他者と関われるようにします。

経営戦略

経営戦略は、主に企業や事業の戦略の分析方法、および戦略に関する意思決定のアプローチを学習していく1日コースです。実際の企業事例(ケース)を活用し、定性面・定量面の分析、事業特性・事業経済性の把握、そして戦略立案・意思決定を行います。業界や企業規模などを敢えて幅広く取り上げることで、特定の業界知識などではなく、汎用的に使えるアプローチの習得を目指します。

新人向け顧客本位の営業

新入社員や新人で営業に配属になった営業パーソンに、営業ビジネスマナーと商談の基本スキル・お客様との人間関係づくりを習得して頂きます。営業ビジネスマナーでは、正しいマナーを刷り込むのではなく、お客様が営業パーソンに求めていることを考えながら、身だしなみ、挨拶、電話対応、名刺交換、面談などのスキルを身につけていきます。

顧客本位の営業

本コースでは顧客が購買を決意するまでの心理変化に焦点を合わせて、顧客満足を達成することを重視しています。従来、多くの営業研修は「顧客ニーズを引き出す」ことを主眼としてきました。しかし、そもそも顧客の8割が「ニーズを持っていない」としたら、どうでしょう。実際これは、調査から得られた発見の一つです。本コースは、営業に関してあたりまえとされてきたパラダイムを長年の調査結果に照らして検証し、的確な営業活動の考え方を提供します。

クリエイティブ発想

問題を発見して解決するためには、クリエイティブな発想が必要です。閃きへの依存をどのように最小化するかという点をポイントに、問題解決のプロセスとクリエイティブ発想の関係を理解した後、「新商品開発を行う」という設定のもとに、様々なクリエイティブ・シンキングの技法を学びます。

精密に考える思考のツール

コミュニケーションが組織の活動を支える基本要素であるように、優れた質問の力は考える仕事を支える基本要素です。「よい質問はよい思考を生み出す」と言われる通り、戦略立案、各種プランニング、問題の原因分析や対策、難しい最終判断など、優れた質問が必要とされる場面は多岐にわたります。