研修参加者、企画者、経営者。すべての関係者が成長を実感しなければ、成功とは言えない。

研修参加者、企画者、経営者。すべての関係者が成長を実感しなければ、成功とは言えない。

研修参加者、企画者、経営者。すべての関係者が成長を実感しなければ、成功とは言えない。

研修参加者、企画者、経営者。すべての関係者が成長を実感しなければ、成功とは言えない。

スマートワークスのグローバル・パートナー

スマートワークスのグローバル・パートナー

スマートワークスのグローバル・パートナー

三井物産グループ企業における人材開発

三井物産グループ企業における人材開発

三井物産グループ企業における人材開発

世界各地の管理職を一つのものさしで育成する

世界各地の管理職を一つのものさしで育成する

世界各地の管理職を一つのものさしで育成する

previous arrow
next arrow
Slider

Information

ダイバーシティを味方にする

ダイバーシティの力は、自分と異なるものを否定せずに受け入れるだけではなく、もっと積極的に踏み込んで新たな価値を生み出すことから生まれます。でも、日々の業務の中で積極的に相手の考え方や価値観に踏み込めば、自分が正しいと信じてきたことを間違いだと否定する相手と真正面から対話することになります。

ダイバーシティを尊重する対話の効率と効果

新たな校則を決めるにあたり、生徒の希望を聞き、生徒同士の対話を通してなるべく生徒に自律的に決めさせようとする取り組みがあるそうです。この話は子供の自律的な思考を促進するために効果的だと総括されていましたが、これが企業の中なら状況が異なります。

有事と平時のリーダーシップ

「リーダーシップ」などと急に言われると、有事の最中に人の先頭に立つとか、鳴り響く反対意見を力強く抑えて戦略を示すとか、檄を飛ばしてモチベーションを高めるイメージがまぶたに浮かぶ人がいるのは当然です。でも現実の世界でリーダーシップ研修に参加する大半の皆さんは、それよりもはるかに地に足がついていて、堅実にリーダーシップを磨いていらっしゃるように思います。

チームの力が研修をより魅力的にする

最初の研修以来、コーチングやグループの話し合いなどを組み合わせてフォローしてきたグループの、長いリーダーシップ研修が終わりました。オンラインという制約はあっても、大企業の中で互いに顔も知らない関係だった人同士が、助け合って学び、現状に甘んじることなく高い目標を目指す機運が生まれてくる場を体感できる機会です。

研修がオンラインでも熱意が伝わる不思議

「質問や発言が多かったので皆が熱心だった」とか、「少なかったので皆が積極的でなかった」などの表現がなんとなく使われることはありますが、特に最近、オンライン研修で、発言がほとんどないのに参加者からの食い入るような熱意を感じることがよくあります。

Event

オンラインLIVE研修「在宅勤務者の自己発信力」公開コース日程決定!

在宅勤務者が「きちんと評価してもらえるか?」「サボっていると見られないか?」という不安を払拭し、確信を持って業務を遂行できるようになるコースです。
詳しくはこちら

次回ご紹介セミナーにつきましては、 準備ができ次第お知らせします。

しばらくお待ちください。

Partners

ストラテジックパートナー募集

国内のパートナーを募集しています。詳しくはこちら

導入事例

【飛びぬけたリーダー+精密に考える思考のツール】導入事例 三井物産株式会社グループ様

三井物産株式会社グループ全体の人材開発を担う三井物産人材開発株式会社様は、ゼンガー・フォークマン社が提供する研修コースの背後にある膨大なデータの信頼性に着目されました。

詳しくはこちら

【飛びぬけたリーダー】導入事例 世界大手の投資顧問会社様

リーダーシップとは何かについて誰にとっても説得力のある共通の考え方を提供し、これからすべきことの方向性を明確化し個人のアクションを継続的にフォローするために「飛びぬけたリーダー」が選ばれました。

詳しくはこちら

【ダイアローグワークス+カスタマイズ】導入事例 内資系大手製薬メーカー様

お客様は国内大手創薬メーカーであり、世界的大手とアライアンスを組んでいます。グローバル戦略の一端としてダイバーシティとインクルージョン(以下D&I)の目標が設定されました。

詳しくはこちら

近日開催の公開コース&イベント

「精密に考える思考のツール」で“考える”業務を強化する

巻き込み、動かし、つながるための、「ダイアローグワークス」(本物の対話)

精密に核心をとらえて知的作業の効果性を高め、チームの会話の生産性を向上する

ダイバーシティと情報化の時代のコミュニケーション

優れた質問の力は知的な業務を支える基本要素です。
細部の詰めや確認が重要な業務において、重大な根本原因に気付くのも、潜在的なリスクを回避できるのも、精密に細部をとらえた鋭い質問ができるかどうか次第です。そうした鋭い質問の作り方と、深い思考を妨害しない回答のしかた、段階的に考えを深める手順を学びます。
ロジカルだけではなく、質問するだけでもない、シャープに本質をとらえるための思考のツールとプロセスです。(3.5hr.×2コース)

結果を出せるコミュニケーションのポイントは、自分の考えを率直に口に出しつつ、意見や立場、性格が異なる人を巻き込んで、相互理解と協働を実現することです。
本コースでは、心理学や大脳生理学の理論に基づいて、脳のしくみと人間の思考のプロセスを学び、相手の拒絶や反論、感情的な反応の原因を、脳のしくみという視点から理解できるようになります。
乗り気でない相手をも巻き込み、考え方を変化させるための会話に必要な知識とスキルがえられます。(3.5hr×2コース)

日時2021年10月6日(水)~7日(木)
13:30~17:00
会場オンラインLIVE

詳しくはこちら

日時2021年11月11日(木)~12(金)     
13:30~17:00
会場オンラインLIVE

詳しくはこちら