人材開発プログラムの企画・運営|世界が信頼するコンテンツと40カ国のグローバル・ネットワーク

シニアのキャリア・ベスト

キャリアを棚卸して、これからの貢献のあり方と目標を発見する

特徴

日本のシニア社員は、役職定年・再雇用が目前に迫ると目標を見失ってしまいます。役職を失ったり、立場が変わったりするとともに、昇進や昇給というこれまでの目標がなくなるからです。

右肩上がりの経済成長をしている間は、組織の上層部には十分なポストがあり、組織の上に上ることが皆の目標となってモチベーションを支えていました。しかし現代のシニア層は、ポスト不足や給与カットなど、かつて体験したことのない逆境に直面しています。しかも環境変化を乗り越えるための身近な先行事例等はありません。

本研修は、組織の状況を俯瞰し、自分の強みや自分が情熱を感じることを総合的に分析して、シニア社員がこれまでの目標にかわる新たなモチベーションを見出し、会社や職場から必要とされる人材になることを目的としています。シニア社員たちに対して、意識と行動の両面において変革を促すプログラムです。

概要

対象者: キャリア転換期を迎えているシニア社員

コースではまず「貢献の4つのステージ」にそって、正社員から役職定年社員・再雇用契約社員への移行にともなう職務/役割の違いや変化について学びます。また、自分を変えてハイパフォーマンスを出し続けるキャリアと、組織のニーズに沿った目標の発見と貢献のありかたを考えます。それによって組織や職場から必要とされる、エンプロイアビリティの高い人材であるために求められる意識や貢献の在り方を理解します。

さらに、貢献の4つのステージに自分をあてはめて自分なりの目標を定義するには、自分が今いるキャリア・ステージを知る必要があります。今、管理職として自分がいるステージで期待されることは何か、管理職を解かれた次のシニア・ステージで何を期待されているかを理解したうえで、このステージにおいてどのような能力を開発するべきか明確にできるよう、多様な利害関係者の視点を考慮して理解を深めます。

*当コースは単独でも1日コースとして受講できますが、自分や他者のパフォーマンスを向上し、チームに好影響をもたらすリーダーシップ開発プログラム、「リーダーシップ・レバー」と合わせて、2日コースで受講いただくことをお勧めしています。
*「リーダーシップ・レバー」は、部下がいる・いないにかかわらず、全ての方に受講頂けます。

プログラム

日時  内容

 

1日目

9:00~17:30


(午前)
1)イントロダクション
2)組織で必要とされる人/ハイパフォーマーとは?
3)35歳がハイパフォーマンス成長曲線の曲がり角
4)貢献の4つのステージ
  基本を学ぶ(指導を受けながらの貢献)
  経験を活かす(自立した貢献)
  他者を導く(他者を通じた貢献)
  未来を創る(戦略的な貢献)

(午後)
5)ステージの移行
6)役割・職務の棚卸
7)環境変化を予測する
8)環境変化を見据えて、職務・役割を書き直す

*コース概要はそのままで、女性に特化した「女性視点で考えるキャリア・ベスト」や、中堅社員を対象とした「中堅社員の強みを活かすキャリア・ベスト」もございます。

コース詳細

受講費用・会場等 当コースはインハウス(講師派遣型)でのみ実施しておりますので、詳細はお問合せください。
受講対象 キャリア転換期を迎えているシニア社員

 

お申込み・お問合せ

ご相談・お申込みは、インハウスご相談ページからご連絡下さい。
その他のお問合せは、お問合せフォームをご利用下さい。
お電話(03)6261-2682またはFAX(03)6261-2683でも受け付けております。